ct_icon01

ログホライズン書籍10巻「ノウアスフィアの開墾」アイテム募集!


elissa みなさまこんにちは、広報エリッサです。
本日はTRPGではなくログホラプロジェクト本体の広報のお手伝いで参上しました。はじめましての方は、よろしくお願いいたします。

さて、今回のお知らせは、みなさまお待ちかねの「装備アイデア募集」です。
前回の『カナミ、ゴー・イースト』に続きまして、今回は次巻『ノウアスフィアの開墾』に登場するキャラクター5人の装備アイディアを募集いたします!

おなじみのにゃん太班長をはじめとして、マイハマの少年貴族イセルス、悩める苦労人アインス、われらが兄貴アイザック、そして〈三日月同盟〉のもう一輪の花ヘンリエッタ。彼らが装備していそうなアイテムの「名前」と「能力」に2つのTwitterハッシュタグ #loghorizon #lh_bosyu をつけてつぶやくだけ! にゃん太、ヘンリエッタについてはレイド用の新装備のアイディア募集になります。

募集期間はキャラクターごとに二日間、間に一日お休みを空けて次のキャラクターの募集を行い、全体では7/6から7/19となっております。
「効果と名前を揃えて書くのは大変そう」という方も「名前」や「設定」の片方だけの投稿で全く問題ありません。

今回も1~9巻と同様に扉絵にイラスト&説明文付で収録されます。奮ってご参加ください。

より多くの皆さんを巻き込んで、これからもユーザーフレンドリーに突き進むログホラプロジェクトを応援ください!

 

◆にゃん太

(7月6日0時~7月7日24時)
メイン職業:盗剣士 種族:猫人族 サブ職業:料理人
戦闘スタイル:レイピア(二刀流)、軽量鎧装備。二刀流による途切れることのない連続攻撃を得意とする。今回はレイド用の新装備を募集します。

解説:
〈記録の地平線〉のご意見番にして料理人。シロエや直継同様に〈放蕩者の茶会〉参加者であり、ヤマトでもトップクラスの実力を持つ〈盗剣士〉。その老成した言動と豊富な知識、経験でギルドの精神的な支柱をつとめている。料理に対する造詣が深く、その腕前も一級品。「味の革命」をアキバにもたらした立役者でもある。
いつも紳士的な立ち振る舞いを崩さず、若者たちが異世界で生きてゆく様を温かく見守っていたが、「赤い夜」事件でのロンダークとの再会では、彼の抱く絶望に大きな衝撃を受けた。彼から見た多くの〈冒険者〉は「若者」であり、すべての「若者」の未来を憂う人格者でもある。

 

◆イセルス

(7月9日0時~7月10日24時)
メイン職業:マイハマの幼君 種族:ヒューマン(大地人) サブ職業:貴族
戦闘スタイル:幼いためにまだ発展途上。しかし名君の素質をのぞかせることも。剣術は正統派騎士のものだがアイザックに習った無鉄砲な攻撃も。

解説:
フルネームはイセルス=エルアルド=コーウェン。セルジアッド公爵の孫、レイネシアの実弟にあたる若干9歳になる少年。優しい眼差しと銀色の髪はレイネシア同様母譲りで、その幼さに似合わぬ利発さと、年相応の好奇心や騎士道への憧れを併せ持つ。〈大災害〉に衝撃を受けて、その後祖父の薫陶、姉の活躍にふれて〈大地人〉と〈冒険者〉の融和を願う。
コーウェン家の後継者は血を引く男子が望ましいとの判断から、マイハマ公爵家の跡継ぎと目されているが、東西の摩擦が高まっているこの時代、彼の行く道は険しい。イセルスの肩には〈自由都市同盟イースタル〉の多くの民の命運がかかっているのだが、それはもう少し後の話になるだろう。いまはまだアイザックを慕う可愛らしい少年である。

 

◆アインス

(7月12日0時~7月13日24時)
メイン職業:神祇官 種族:ヒューマン サブ職業:学者
戦闘スタイル:弓を使う遠距離戦闘型の神祇官。もっとも武器による攻撃特技の多くは「近くに敵を寄せ付けない」ものであり、多様な支援呪文をメインにしている。

解説:
アキバ第三の戦闘系ギルド〈ホネスティ〉のギルドマスター。ゲーム時代はプレイヤー間の格差是正を標榜、広く攻略情報の公開に取り組み「先生」と呼ばれていた。〈円卓会議〉の11ギルドマスターのひとりなのだが、目だった実績もなく存在感は大きくない。それというのも高レベル主義の〈黒剣騎士団〉や超大規模システム主義の〈D.D.D〉に挟まれていたせいで、アキバの街の治安維持や低レベル〈冒険者〉の迎え入れを主な活動としていたためだ。
〈大災害〉後、〈冒険者〉間の格差が広がることを憂慮している苦労人であり、善性のひとではあるのだが、その善性が彼を苦しめている。

 

◆アイザック

(7月15日0時~7月16日24時)
メイン職業:守護戦士 種族:ヒューマン サブ職業:剣闘士
戦闘スタイル:〈ソード・オブ・ペインブラック〉を用いた前衛型の守護戦士。〈幻想級〉マジックアイテムによる強力なヘイトにより敵を固定する能力はヤマト有数。

解説:
アキバでも最強の戦闘系ギルドとして〈D.D.D〉と並び称される〈黒剣騎士団〉のギルドマスター。魔剣〈ソード・オブ・ペインブラック〉を用いた苛烈な戦闘や、思考のシンプルさ、荒っぽい言動から単純で粗暴な人物と思われがちだが、決して考え無しの戦闘狂というわけではない。一度身内と認めた相手には情の篤い好漢であり、また人を見る目も確か。自分に足りないところを補ってくれる仲間を見出し重用することで、自ギルドの運営や〈円卓会議〉でも重要な役割をこなしている。
地球世界では東北地方の建築会社に勤務する社員で、若手ながら震災復興などでさまざまな苦労も経験している。座右の銘は「相手を生まれや年齢でみてたらダチふえねえ」。
今回はシロエの密命を受け、マイハマの騎士団の強化訓練に乗り出すが、そこでイセルスと結んだ友誼をきっかけに事件に巻き込まれることとなる。

 

◆ヘンリエッタ

(7月18日0時~7月19日24時)
メイン職業:吟遊詩人 種族:ヒューマン サブ職業:会計士
戦闘スタイル:弓を用いる遠距離支援特化の吟遊詩人。レイド経験は浅いが支援歌を途切れさせないなどの基本はできている模様。今回はレイド用の新装備を募集します。

解説:
〈三日月同盟〉所属の吟遊詩人。ギルドマスター・マリエールの無二の親友として、サブギルマスとして同ギルドの会計を預かっている。〈大災害〉直後からシロエたちとの友好関係がありそれは現在でも継続中。可愛いものや女の子が大好きで、同じギルドのアシュリンや〈記録の地平線〉のアカツキを溺愛している。
弱点である本名は「梅子」であり、自分でも余りにもばば臭いと気にしている。マリエールとの口げんかではこの本名を持ち出されて「マリエなんて毬絵のくせに!」と反論にならない反論をすることもしばしば。地球では29歳経理OLだったらしい。
本人は仕事のできる秘書風の美女であり、その会計能力や交渉能力はシロエも認めるほど。影からシロエをサポートする姿にはほのかな思慕が見え隠れするが、本人はその思いをひっそりと葬り去る覚悟のよう。「そうはさせませんけど(作者談)」。ファザコンの気配がするとはマリエール経由の直継情報だ。