ct_icon06

ままれウェンズデイ番外編 JGC2016レポート


◆アナログゲームの祭典「ジャパンゲームコンベンション2016」!

JGC2016title 皆様こんにちは、ログホラプロジェクト、広報担当のエリッサです。
今回は「ままれウェンズデイ」の番外編として、2016年9月3日~4日にかけて行われたイベント「ジャパンゲームコンベンション2016」(JGC2016)の様子をレポートいたします。

ジャパンゲームコンベンション(以下JGC)とは、日本のアナログゲームの祭典として毎年開催されている、宿泊型のイベントです。企業主導のイベントであり、国内でアナログゲーム(TRPGやボードゲーム、カードゲームなど)を販売している多くのメーカーが参加しています。今年は二日間の開催となりましたが、全国からアナログゲームファンが一同に集まり遊びつくす、大変にぎやかで濃厚な二日間でした!
今年はエリッサも参加して公式セッションの様子なども取材してまいりましたので、その様子をレポートさせていただきます!

 

◆オープニング

JGC2016gaikan 今回も、会場は神奈川県新横浜の新横浜プリンスホテルさま。今年はお昼からの会場と言うこともあり、会場には早い時間から全国からの参加者の皆様が集まっていました。
開会式ではいきなりのムービー再生とともに、今後のJGCに関する重大発表が!? (こちらの詳細は後述しますね)
そのあとはゲストに皆様による和気藹々とした開会の挨拶が行われ、最後に、ゲスト・オブ・オナーである安田均先生の「二日間遊びつくそう!」の宣誓のもと、JGC2016が開幕しました。
※残念なことに、今年は「銀じい」の愛称で親しまれていた常連ゲスト、鈴木銀一郎先生は体調不良のためお休みとなりました。一日も早いご回復をお祈りしております。

 

◆新商品いっぱい! 物販コーナー

会場では物販ブースも連日大賑わいでした。夏~秋にかけて発売されるTRPG新商品を中心に、日本のアイテムに限らず、海外の翻訳商品なども並んでおり、まさにアナログゲームの展覧会といっても過言ではありませんでした。

JGC2016buppan1 夏~秋の新作コーナーには新商品が目白押し! 先行販売される商品もあり、ここで購入して、そのままフリープレイコーナーでセッション開始! という方もたくさんいらっしゃいました。一緒に遊ぶ仲間がすぐに見つかるのもJGCのすばらしいところですね。

 

 

 

JGC2016buppan2 こちらはカードゲームコーナー。カラフルなボックスに目移りしてしまいますね。

 

 

 

 

 

JGC2016buppan3 そしてゲームには欠かせない小道具であるダイス! きれいなダイスがあると、それだけでゲームが楽しみになっちゃいます。このほかにも指輪型や2面体ダイスといった変り種も販売されていました。

 

 

 

 

 

◆「ログ・ホライズンTRPG」セッション

そして、こちらは「ログ・ホライズンTRPG」の開発チームである七面体工房による公式セッションの様子です。実際のプレイの様子も写真でお伝えしますね。

JGC2016session01 今回のプレイでは、これまでもイベントで使用した「ログ・ホライズンTRPGスターターキット」をバージョン2に進化! 神無先生のイラストがかわいいブックレットタイプになりました。これと記入済みキャラクターシートを使うことで、すぐに冒険が始められるスグレモノです!

 

 

 

JGC2016session02 プレイしたシナリオは、これまでのイベントでもご好評をいただいている「魚人要塞の決戦!」
第2次チョウシ強化合宿に参加したPCたちが、サファギンの湖底要塞に挑みます。
こちらの写真は、戦闘訓練のために浜辺で凶暴なサファギンや紫電ヤドカリと戦っているところですね。
フルカラーのマップと、ペーパーポーンを使った戦闘シーンは見た目にもわかりやすく、プレイヤーからも大評判でした。

 

JGC2016session03 ログホラTRPGといえばさまざまなミッションがあるのもお約束です。今回は「マジックポット」とよばれるタイプのミッションで、袋の中からつかみ出したおはじきの色に色に、プレイヤーの皆さんも一喜一憂!
「青こい、青こい!」「うわー、赤だぁ!?」などと盛り上がっていました。

 

 

 

JGC2016session04 そしていよいよクライマックス!
カスミレイクの湖底に作られたサファギンの要塞に殴りこみです! 待ち受けていたボスは……でかあい!?
しかし、ここまで冒険してきたPCたちも負けてはいません。パーティー全員で協力して、どの卓も無事にシナリオクリアできたとのことです。

 

 

公式セッションは、各日2回ずつ、のべ4回行われたのですが、「毎回紳士で協力的なプレイヤーがあつまり、スムーズな進行と楽しく盛り上がるセッションにできた!」と担当GMからも報告を受けております。
たくさんの方に楽しんでいただけたようで、エリッサも広報としてとってもうれしいです!

 

◆閉会式、そしてイベント終了

紹介した以外にもイベント盛りだくさんで、まさにゲーム漬けの二日間はあっという間でした。参加人数は当日参加を含めてのべ1800人! 皆さんのアナログゲームへの熱量をひしひしと感じられる二日間でした。
締めくくりである閉会式の会場も多くの人が参加され、立ち見の人が出るほど。
ゲストの先生方による、笑いを交えた楽しい挨拶がされたあと、安田均先生による「来年もまた会おうぜ!!」の大号令に、ゲスト、参加者問わず全員が「おーっ!!」と熱い叫び声をあげ、JGC2016は無事閉幕を迎えました。
参加者の皆様、本当にお疲れ様でした!!

 

◆来年は熱海でゲーム三昧

以上でレポートは終了となりますが、ここでひとつ、来年以降の開催についての重大発表がについてもお伝えいたします。
なんと、JGCの名を冠するアナログゲームイベントは今年が最後の開催なのです! これを聞いてエリッサもびっくり。
しかし、ご心配は要りません。来年からは、場所を熱海に変えて、さらに大きな会場を使った宿泊型ゲームイベント「TRPGフェスティバル」として生まれ変わるとのこと!
温泉完備のホテルを貸しきって二泊三日のゲーム三昧を過ごせると聞いて、開催が今から待ち遠しい限りです! 皆様もぜひ、今後の情報をお待ちくださいませ。